はねぎ搾り『吉田屋』

with コメントはまだありません

雲仙温泉、昼間はまだ暖かい日が続いてますが朝晩だいぶ冷え込むようになってきました。

紅葉のシーズンももうそろそろですね。

皆さま、日本酒お好きですか?

有明ホテルでは三種類ほど冷酒取り扱ってますが、今日はその中の一本、『はねぎ搾り』をご紹介いたします。

 

 

 

DSCF0051

 

当館スタッフも製造工程を知るため、吉田屋さんのところへお邪魔し見学させていただきました。

吉田屋さんは、大正6年創業で今のご主人は4代目になり

伝統の技術を受け継ぎ季節に合わせて毎年1月から酒造りに入られてるそうです。

 

吉田屋さんのこだわりは、『はねぎ搾り』と呼ばれる手造りの製法なんです、

九州以外の地域では『天秤搾り』なんて呼ばれているらしいのですが。

この製法がすんごく大変らしい・・・

 

なにせ吉田屋さんで『はねぎ』と呼ぶ大きな柱のような物を使って

テコの原理によって微妙な圧力をかけ酒袋のもろみから丁寧にお酒を搾り出しています。

 

こちらが吉田屋さんの『はねぎ』 ↓

 

DSCF0061

 

どうです?

手前にいらっしゃるご主人と比べると大きさがわかると思います!

 

写真の左に写っている枕木みたいなものの下に搾る前の酒種が袋に入れて並べられていて

その上の『はねぎ』の右端に重石をつるしてその重さでじっくりじっくりお酒を搾るんだそうです。

この作業は、機械を使うと手間暇かからずできちゃうんですけど、

『はねぎ搾り』はそんなこだわりの手作業で作り出されるお酒なんです。

なぜこんなに時間も手間もかかる製法をされているのか…

この作業を機械でしてしまうと酒袋を完全に搾りだし、

最後に残る嫌な味まで搾り出してしまうそうです。

それをすごく手間がかかる手法ですることによって、

最後の嫌な味が入らない〚純な味わいのお酒』を作り上げるんだそうです。

 

pt-0628

 

吉田屋さんのつくられる『はねぎ搾り』には製造過程でたくさんの愛情が込められてるお酒なんですね。

こんなに愛情たっぷりなお酒いただく価値があると思いませんか?

 

 

 

有明ホテルご宿泊の際はぜひ、はねぎ搾りをご賞味されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 


プラン牛づくし

 

旨い名酒には美味いお料理が良くあいますよ!

有明ホテル『和牛づくし会席』プラン
               一泊二食(税込) 15,400円~